【拡散希望】詐欺の被害を避ける安全なアクセス方法とは?【注意喚起】

シェアする

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

インターネットで活動する限りは、様々なリスクも考えておかなければなりません。
出会い頭の事故から、周到に用意された詐欺サイト、フィッシングサイトの危険まで対策をしておく必要があります。
今回は、詐欺の被害に会わない方法について書いています。
対策する人が多ければ多いほど、詐欺サイトを撲滅することができます。
拡散していただけると幸いです。

詐欺の被害を避ける安全なアクセス方法

  詐欺は、相手のアプローチに応じることで被害に遭います。
  オレオレ詐欺では、相手の電話に応対することが始まりです。
  フィッシング詐欺で言えば、メールのリンクをクリックすることから始まります。
  普段から使っているサイトやサービスなどは、ブラウザのブックマーク
  (お気に入り)などに登録し、そこからアクセスするのが安全です。

 検索結果の安全確認

検索エンジンの検索結果から新しくアクセスする場合には、まずドメインをチェックしましょう。
ドメインが.top .bidなどの場合はアクセスをしない方が得策です。
ドメインに問題がなくても、少しでも怪しさを感じたら、「URL」で検索してみるのも有効な安全の確認方法です。
もしそれが詐欺サイトだった場合は、事前に発見した人がブログなどで注意喚起をしている場合があるからです。
検索の仕方は次の通りです。
 怪しいサイトの確認方法
  例えばmURLが「www.○○○.com」だった場合
 「” www.○○○.com” ”詐欺”」と入力して検索します

 セキュリティソフトの働き

パソコンに入っているセキュリティ・ソフトは、怪しいサイトに対しても有効です。
検索エンジンの検索結果に対しては、飛び先ページをブラックリストと照会したり、コード内容を調べ安全度を表示する機能を持つ製品もあります。
さらにクリックした瞬間にページをスキャンしたり、疑わしい動きをブロックしたり多重的に危険に対応し、詐欺に対する安全度も高めることができます。
また、ウイルスの中には「host file」という、ユーザーがこのURLはこのIPアドレスにアクセスするという例外を登録するWindowsの設定ファイルを悪用し、金融機関のURLを偽物サイトのアドレスに飛ばす設定を無断で書き込むものがあります。
セキュリティ・ソフトは、こうした重要な設定ファイルを監視し、内容が変更される際にそれが意図したものかをユーザーに確認したり、ブロックしたりしています。

 手口を知っておく

セキュリティ・ソフトは、プログラムによらない人と人のやり取り、例えばハガキや電話による詐欺に対しては無力です。
犯罪者は常に私たちをだます方法を考え、新しい方法を編み出してきます。どういった手法があるか知っておくことで、いざという時に慌てず、だまされずに済みます。危険についての感覚も鋭くなります。
こちらのサイトは見やすくて参考になります。
最新の手口を具体的に紹介しています。ぜひご覧ください。

PR【アフィリエイト収入0円の方専用】

あなたがブログやFacebook、Twitterなどを持っていれば、 最短でアフィリエイト収入を得ることができるでしょう!
【キュレーションサイトを構築してバリバリ稼ぐ方法2018】
くるみMagメルマガ

シェアする