ASBメルマガ

Gmailの新アカウント作成と『エイリアス』の使い方

シェアする

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

いまや、アフィリエイト作業に不可欠なGmail。

便利な使い方を説明します。

まずはアカウントを作成しましょう。

Gmailの新アカウント作成

Gmail はすべての Android 端末、iOS 端末、パソコンでご利用いただけます。メールの整理、共同編集、友だちへの通話を受信トレイから直接行うことができます。

にアクセスします。

アカウント作成をクリックします。

名前、ユーザー名、パスワード、生年月日、携帯電話番号、ふだん使っているメールアドレスを入力します。

利用規約に目を通して同意します。

これでGmailの新アカウントが作成できました。

これが、Gmailのメールボックスです。

右上の■をクリックしてアカウントを見てみます。

セキュリテイを強化します。

左列の ログインとセキュリテイ をクリックします。

Googleへのログインをクリックして、2段階認証プロセスを開きます。

開始をクリック。

電話番号を確認して、次へをクリック。

コードの取得方法はテキストメッセージか音声通話を選べます。

携帯電話にコードが送られてきますので入力します。

これで、2段階認証が有効になりました。

認証システムアプリを使うとより便利です。

Gmailはアカウント取得が簡単で便利ですが、メールアドレスとパスワードだけでアカウントに入ることができてしまうため、セキュリテイ面で2段階認証は必須です。

Gmailのエイリアスとは

Gmailの「エイリアス」とは、簡単に言えば「複数のメールアドレスを作成できる機能」、厳密に言えば「すでに作成しているgmailアドレスの後ろにカテゴリを追加し、受信メールを分類しやすくする機能」を指します。

例えば、「abcd@gmail.com」というアドレスがあったとします。
ユーザー名(@の前の部分)に「+◯◯◯」というように文字列を追加すると、元のアドレスに紐付いた新たなメールアドレスを作成できます。

例:
abcd+01@gmail.com
abcd+work@gmail.com
abcd+user@gmail.com

これらは通常のメールアドレスと同じようにメール送受信や各サービスの登録に利用できます。

エイリアスのアドレスを使うだけなら設定は不要

では、実際にエイリアスを利用するにはどうすればいいのでしょうか。

Gmailの場合、エイリアスのアドレスを使うだけであれば特に設定は必要ありません。

Gmailアドレスの後ろに「+◯◯◯」をつけるだけで通常のメールアドレスと同じように利用できます。

ですので、上記のabcd+01@gmail.com やabcd+work@gmail.comは特に設定することなくそのまま利用できます。

「+」の後ろにつけるのは受信メールを分類するための「カテゴリ名」になるので、自分がわかりやすいカテゴリ名をつけましょう。

エイリアスのアドレスに来たメールは元のアドレスでも受信される

エイリアスのアドレスはあくまで「元アドレスにカテゴリを追加した」ものなので、エイリアスで受信したメールアドレスは元のアドレスでも受信されます。

さて、ここで疑問に思われる方がいらっしゃるかも知れません。
これでは、無限にアドレスを量産できるのではないか?
答えはそのとおりです。

無限にエイリアスは追加できてしまうのです。
ただし、無限につくっても管理が難しくなります。

このままではメールの分類ができないので、エイリアスに合わせた「ラベル」と「フィルタ」を設定しましょう。

Gmailでフィルタとラベルを設定する方法

Gmailのフィルタとラベルの機能を活用すれば、エイリアスに届くメールと元アドレスに届くメールを自動的に振りわけることができます。

ラベルの設定方法

エイリ1.png

1.Gmail画面の右上にある歯車のマークをクリックし、「設定」を選択します。

ラベル設定1.png

2.上部メニューの「ラベル」をクリックし、「新しいラベルを作成」をクリックします。

ラベル設定2.png

3.エイリアスのアドレスに対応したラベル名を設定して「作成」をクリックすれば完了です。

フィルタの設定方法

フィルタ1.png

1.ラベルと同様設定メニューを開き、「フィルタとブロック中のアドレス」に入り「新しいフィルタを作成」をクリックします。

フィルタ2.png

2.「From」の項目にエイリアスのアドレスを入力しましょう。その他に付与したい条件があれば入力し、下部の「この検索条件でフィルタを作成」をクリックします。

フィルタ3.png

3.先ほど作成したラベルを付与します。

ラベル表示位置.png

4.作成したラベルは左メニューに表示されます。

ラベルに設定されているフィルタの条件に合ったメールが受信された場合、「受信トレイ」と同じようにラベル名の横に新着の通知が入ります。

より振りわけを厳密にしたい場合は、元アドレスのラベルを作成し、フィルタでエイリアスアドレスを含まないように設定すると良いでしょう。

エイリアスを利用する上での注意

エイリアスはGmailからみると元アドレスと同じものです。
一方、WEBサービスの運営者からみると別個のアドレスになります。

同一人物が同じサービスを、エイリアスを使って無限にアクセスすることができてしまうわけです。

こういった状況なので、エイリアスで複数登録できるサービスは今後縮小していくかもしれません。

現在はTwitterやインスタグラムなど主要なSNSで利用可能です。

とはいえ、一気に大量のエイリアスでサービスにアクセスするのはやめましょう。

シェアする