アフィリエイトはビジネスです。報酬をいただく以上はプロ意識が必要です。

シェアする

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

ASB-アフィリエイトとは数あるアフィリエイトの手法のひとつです。

無料のWEBサービスを組み合わせて、効率的にサイトを作成してサッと拡散するというものです。

現在、サイトアフィリエイト、ブログアフィリエイトの主流は、記事や情報をたくさん書いて、SEOをかけて検索エンジンの上位表示を狙うものがほとんどです。しかし、この方法では成果がでるまで時間がかかりすぎます。初心者はここであきらめてしまいます。

そこで、ASB-アフィリエイトでは、あえてSEOや、検索エンジンの上位表示にこだわらずに、SNSで属性に合ったお客様に直接アプローチする手法としました。
サイトの作成にも時間をかけずに量産できる方法です。

つくるサイトはランディングページと呼ばれる1ページの縦長のサイトです。
ランディングページはいろいろと応用できますので、他の方法でも拡散できます。
PPC、メルマガ、ランキング、まとめサイト、アンテナサイトなど、どんな媒体にもなじみます。

アフィリエイト自体の種類はたくさんありますが、その手法もさまざまです。

他の手法と組み合わせることにより、無限にあるといっても過言ではありません。

個人でも取り組むことができますし、グループや法人で取り組むとさらに成果があがります。

個人でも、法人に負けない規模の成果を上げることもできます。

広告主(アフィリエイト報酬を支払う側)も年々増えています。

もちろん、購入者(ネットを通じて物やサービスを購入する人)も年々増えています。

毎年社会に出る人たちは、ほぼ全員がパソコンやスマホを持っています。

その人達は程度の差があるとはいえ、何かしらパソコンやスマホで買い物をしています。

アフィリエイトの可能性は、今後どんどん高まることが期待できます。

極論を言えば、未来のショッピングは、ネットショップとそれを仲介するアフィリエイト、そして、物流サービスだけに集約されるかも知れません。

では、そもそもアフィリエイトとはなんでしょう?

ここでは、アフィリエイトの基礎を学んでいきましょう。

アフィリエイトはビジネス

アフィリエイトはれっきとしたビジネスです。

ボランティアでも、趣味でもありません。

お金をいただく以上、それ相応の努力と時間を必要とします。

あなたが、自分のブログにアフィリエイトリンクを貼り、そこから収益が発生した時点であなたは、アフィリエイトのプロになります。

取り組み方次第では、月の報酬が数百万円ということもありえます。

A8ネットの個人会員報酬額

逆に間違った取り組みだと、何ヶ月かけても一円も報酬が上がらないケースもあります。

ビジネスという認識がない人、ブログに広告を貼ればすぐに成果があると思っている人、SNSとはどういう仕組かわかっていない人は、いつまでたってもアマチュアのままです。

ネットビジネスもリアルの店舗ビジネスも基本は同じです。

売上をあげる戦略をたてて、それを実行し、トライ・アンド・エラーを繰り返す。そして、エラーを少なくしていくことが重要です。

これは、昔からの商売も現在の商売も違いはありません。

アフィリエイトで成果を上げること=ビジネス

これをしっかり頭のなかに置いて置きましょう。

アフィリエイトを解説しているサイトやページはたくさんあるので、ここではビジネスとしてのアフィリエイト、つまり成果を上げるために必要な考え方を解説していきます。

アフィリエイトとは広告業

アフィリエイトは基本的に成果報酬型のビジネスといえます。

売上が上がったときに、広告配信業者から報酬を得ることができます。

規模は違いますが、やっていることは電通、博報堂、ADKなどの広告代理店と同じ立ち位置です。

広告代理店なので、戦略的に進めないと大コケします。

映画の興行をみてみましょう。

有名な作家と素晴らしい脚本が用意されました。

キャスティングも今をときめくスターをそろえました。

セットもロケも妥協せず、最高の機材を用意して映像にこだわりました。

しかし、PRを間違ったために興行収入が大赤字になるということは珍しくありません。

逆に制作費やキャストにお金をかけずに、何ヶ月も前から映画の撮影状況を軸に様々な媒体で小出しにして期待感をあおり、地道に露出を増やしていった映画がヒットするというケースもたくさんありました。

モノがよくても、広告戦略を間違うと成果があがりません。

逆にモノによっては、広告戦略をうまく使って、そのよさを引き出し、成果につなげることもできるのです。

アフィリエイトは、小規模であってもいろいろな角度からアプローチができる、ネットに最適化された広告戦略です。

これが、個人でも法人にまけないほどの成果を出すことができる秘訣です。

ASB-アフィリエイトでは、ただ単にアフィリエイトリンクをばらまくものではありません。

無料ブログともWordPressとも違って、ランディングページを戦略的に拡散していきます。

これが成果を最短で出すことができる秘訣です。

アフィリエイトの種類

それでは、アフィリエイト自体の種類をみてみましょう。

基本的には、成果をあげることで広告主から報酬を得るという意味ではどれも同じパターンです。

成果報酬型アフィリエイト

その名の通り「成果が出たときにその報酬を受け取れる」ビジネスモデルです。

サイト訪問者が広告やアフィリエイトリンクを経由して、物品やサービスを購入したときに、広告主から報酬を得ることができます。

一番シンプルで、リアルのビジネスにもっとも近い形態です。

成果報酬型はさらに細分化することができます。

物販型

モノを売るアフィリエイト。

現在では、ネットで購入できないものはないくらいネットショップは拡大しています。

ネット購入者の数も、パソコンだけでなくスマホから気軽に購入できるので、拡大しています。

さらに、売上を伸ばしたい広告主は自社サイトの拡散は限界があるので、アフィリエイトに続々と参入してきています。

今からアフィリエイトに参入したとしても、遅すぎるということはありません。

アフィリエイトに参入するパイよりもはるかに大きな購入者層が年々増えているのです。

ASB-アフィリエイトに一番適した手法です。

資料請求型

サイト訪問者が、誘導先で資料請求や無料体験に申し込みをした時点で報酬を受け取ることができるアフィリエイト。

物販型と違うのは、購入に至らなくても成約するという点です。

広告主は、無料でサービスを提供しても、その後のバックエンドで十分成果を上げられるので報酬額も高くなるケースが多くあります。

こちらも、広告主が年々増えています。

ネットでは訴求しやすい案件です。

これもASB-アフィリエイトでは成果がでています。

情報サービス

情報商材とも呼びます。

PDFファイルや音声・動画ファイルに価値をつけ情報を売るものです。

パソコンやスマホで情報を検索する

ジャンルも多岐に渡ります。

情報サービスからメールマガジン、LINE@に登録をしてもらい継続的に成果を出す手法が増えています。

ASB-アフィリエイトで最短で成果を出す手法です。

クリック課金型アフィリエイト

ブログや動画投稿に広告を貼り付け、その広告をクリックされるだけで報酬が発生するアフィリエイトです。

広告主の狙いはあくまで広告をたくさんの人に見てもらうかなので、広告主のサイトに誘導した時点で仕事が完了します。

その後、訪問者が商品やサービスを購入しなくてもよい、という点がポイントです。

その分、クリック一回あたりの単価は0.1円から数十円と低くなります。

クリック報酬型はバナー設置型とコンテンツマッチ型に分類できます。

バナー設置型

自分が設置したいバナーをASPから選んできて、サイトの目立つ場所に貼るものです。

これは、あまり種類を選ぶことができません。

ASPによっては全く扱っていない場合もあり、なかなか効果がでにくいです。

コンテンツマッチ型

サイトの内容によって掲載される広告が変化するものです。

アドセンスやnendoなどが代表にされ、多くのブログで目にすることができます。

例えば、車の情報サイトにコンテンツマッチ型の広告を設置すると、車に関する広告(車の買い取りや車検など)が自動的に表示されます。

サイト訪問者のニーズにあった広告が表示されるので、クリック率も高くなります。

もうひとつの特徴は、設置さえしておけば自動的に広告が配信されていくので、他のアフィリエイト広告のように掲載切れや売り切れがないと言う点です。

毎日更新できるブログに最適な広告戦略です。

ASB-アフィリエイトでは、物販がメインなので、クリック報酬アフィリエイトは推奨していませんが、方法はいくつかあります。

成果が出た案件については、このブログで配信していきます。

くるみMagメルマガ

シェアする