Twitterのアカウントを凍結される4つのふるまい

シェアする

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

【サッとアフィリ】基本編の購入はこちらからどうぞ

ココナラ【サッとアフィリ】基本編

【サッとアフィリ】基本編 こんなお悩みはありませんか? ■無料ブログはアカウント停止が怖い ■ワードプレスは設定が複雑すぎる ■キーワード選定が難しい、ラ...

ツイッターは自己ブランド確立、リスト取り、ブログ・メルマガへの誘導、アフィリエイトなどなどネットビジネスには欠かせないSNSツールです。

アカウント開設からフォロワーがつくまで比較的短期で運営できるので、複数アカウントで活用している方も多いですね。

他の媒体とも連携している便利なツイッターですが、運営次第ではアカウント凍結のリスクがあります。

凍結されやすいふるまい4つを紹介いたします。

ツイート数が少ない

2015年にツイッターのアルゴリズムが大幅に変更になりました。それより前には、ツールを使ってフォロワーを集め、アフィリエイト記事を流すだけなのでツイート数が極端に少ない、というスパムアカウントが横行していました。

これでも成果はあがっていたようですが、現在ではツイッター運営者側でも対策をしています。

こうしたスパムを防ぐためにツイート数が少ないアカウントは凍結の対象になっています。

例えば、5000フォロワーもいるのに、ツイートが100程度しかないようなアカウントは不自然とみなされて凍結のアラートがでます。

かといって、アフィリエイトリンクのツイートばかり大量に流すと、フォロワーから通報されるリスクがあります。

一定数通報があると、最悪はアカウント永久凍結もありえます。

短期間に複数のアカウントを作成する

ツイッターでは複数のアカウントをつくることは禁止していません。私も5つのアカウントを持っています。

以前、1人で多数のアカウントを短期間に作成し、フォローし合うことで見せかけのフォロワー数を増やすという行為が横行したことがありました。

現在では短期間に複数のアカウントを作成することは凍結の対象となります。

実際は、いまのところ1日に3個ほどのアカウント作成ならば凍結にななってないようです。

(正確な数字ではありません。心配なら数日おいてから作成していくほうが良いと思います)

短期間にたくさんのアカウントをフォロー・リフォローする

これはあなたも経験があるのではないでしょうか。フォローバックを期待してフォローを短期間でたくさんしていくと、まず、警告がきます。

『パスワードを変えなさい』とか『ロボットではないというアクションをさせる』などです。

警告がきてもそのままフォローそし続けると、一時的に凍結されてしまいます。

その行為が何度か繰り返されると永久凍結もあるようです。

1日50までは大丈夫だとか、フォロワー2000人を超えれば150まではいける、とかの情報がありますが、決まった数字はツイッター運営側では公表していません。

とはいえ、アカウント取得してすぐにはフォロワーがいないので、様子をみながらフォローしていくしかありません。

【サッとアフィリ】基本編でも解説していますが、フォローは限りがあるのでなるべく効率的にフォローしてフォロワーを増やしたいものです。

1年以上ツイッターをログインしていない

1年以上もログインしていない、またはツイートしていないアカウントは凍結の対象になります。

そもそもなんの活動もしていないアカウントがなぜあるのでしょう。以前は単に見せかけのフォロワー数を増やすためだけに開設され、その後放置されているアカウントが多数あるからです。

こうした行為を防ぐためにアカウント凍結の措置がとられているのです。

では凍結防止策は?

ツイッター運営者側の措置は厳しいと思われるかもしれませんが、むしろチャンスです。

アタリマエのことをあたりまえに、粛々をやっていれば凍結のリスクを感じずにすむのです。

フォロワー数が多いほうが稼げる、という時代からフォロワーの質を重視する方向にシフトしているのです。

ツイッターアカウント取得する人口は、スマホデビューの人口に比例して年々増えていきます。これからアフィリエイトの軸にしても遅すぎるということはありません。

恐れずに出来る限りのフォロワー獲得を目指すべきです。

なお、アカウントを凍結されてもツイッター運営者側に異議申し立てをすれば、かなりの確率で凍結を解除されます。

【サッとアフィリ】基本編の購入はこちらからどうぞ

ココナラ【サッとアフィリ】基本編

【サッとアフィリ】基本編 こんなお悩みはありませんか? ■無料ブログはアカウント停止が怖い ■ワードプレスは設定が複雑すぎる ■キーワード選定が難しい、ラ...